講座詳細

ソーシャルユニバーシティ 「薬剤師生涯学習センター」は、認定薬剤師の取得を通し薬剤師のスキルアップを応援します。

講座名
【第240回スキルアップ】なぜ老いる?ならば上手に老いるには

要旨

 超高齢社会に向かう中で、いかに自立状態を維持するかという健康増進~虚弱予防の視点、そして最期まで生き抜き、住み慣れた場所でいつまでも過ごすケアの視点、この2つは重要であると同時に「一連」でもある。そこには低栄養を背景とし、「フレイル(Frailty:虚弱)」及びその根底をなす筋肉減弱症(サルコペニア)という大きな問題があり、なかでも高齢者における食の安定性を改めて再考する必要がある。それを維持向上させるためには、従来の医歯薬~栄養連携の視点を今まで以上に強化するだけではなく、社会的側面からも含めた大局的な視点からアプローチすることが求められる。  演者が仕掛けている大規模縦断追跡コホート調査の結果から、特にサルコペニアを軸とするフレイルの解析を行っていくと、早期の所見として社会性の低下や欠如、そして歯科口腔分野の軽微な機能低下や食の偏りも認められた。同時に、社会性の虚弱(ソーシャル・フレイル)も含めた「多面的なフレイルへの一連のアプローチ施策」を各職能ごとにどのように再認識するのかが大きな鍵になる。また、多剤併用(ポリファーマシー)とフレイルへのリスクも新たなエビデンスとして見えてきた。高齢期において従来のメタボ予防概念(カロリー制限)から上手く切り替えさせ、「社会性・栄養(食と歯科口腔)・運動」という三位一体に対して、顕著なフレイルになる前から意識変容を促す活動を推し進めていくべきである。そこには、我々専門職の臨床診療における「プロフェッショナルとしてのこだわりと連携」に加え、自治体行政の横の連携、元気高齢市民の活力を真の担い手とする機運の醸成、さらにはコミュニティー(まさに生活の場に近いところ)での健康増進~予防~ケアまでの一連の受け皿(基盤)構築も必要不可欠なのであろう。すなわち、コミュニティのリ・デザインを推し進める時が来ている中で、まさに『総合知によるまちづくり』そのものに着手できるかどうか、そして各専門職がどのように向き合うべきなのか、皆で考えたい。
学習期間 2019年2月21日(木) ~ 2020年2月29日(土)
申込期限 2020年2月29日(土) まで
講師名 東京大学 高齢社会総合研究機構 教授 飯島 勝矢 先生
認定単位 1 単位
受講料 1,000円/人(税込)
返金規定
  • 受講料は事前支払とさせていただきます。
  • 入金後のご返金はいたしかねますので、ご了承ください。
主催 一般社団法人ソーシャルユニバーシティ 薬剤師生涯学習センター

連絡先・お問い合わせ

何かご質問等ございましたら下記までご連絡ください。

一般社団法人ソーシャルユニバーシティ 薬剤師生涯学習センター

TEL:03-5413-8922(平日9時-18時)

Email:info@suls.jp

お申し込みの流れ

  1. お申し込みは、ログインして「講座一覧」または「オンデマンド受講」から講座をクリックすると、「この講座を申し込む」ボタンが表示されます。
  2. 「この講座を申し込む」ボタンをクリックしたら「会場」を選択して申し込みます。有料の講座の場合は、支払い方法も選択します。
  3. 講座を申し込むと、「申込受付けメール」が送信されます。
  4. お申し込んだ講座はダッシュボードの「お申込み講座」に表示されます。

もし、1時間以上経過してもメールが届かない場合は、恐れ入りますが上記「連絡先・お問い合わせ先」までご一報くださいますようお願い申し上げます。

お申し込み

ユーザ登録済みの方は、トップページからログインしてお申込み下さい。
まだ登録してない方は、トップページの「新規登録する」ボタンをクリックして、ユーザ登録をお願いいたします。